未分類

二股について

投稿日:

僕としては、常に愛情を注げる人は1人でいいと思っていますが、それはタイムリーに付き合えないという意味であって、人生をトータルで見たら、若い時期には、恋愛には積極的になった方が、その後の人生において、その経験が引き出しになる、と僕は考えています。

20代前半までに、あまり恋愛をしない人がいます。男女問わず。恋愛に興味がない、とか、好きな人が出来ない、とか、そういう理由で恋愛をしない場合は、僕に言わせれば、そういう人はウソを言ってます(笑)。絶対にそんなことはないから。仮にその気持ちは本当だという人がいたら、それは自分が持っている感情に気付いていないという、単にもったいない人です。

出会いがない、とかって環境面が恋愛に影響することはもちろんありますよ。でも実は、出会いの幅はどんな人でも、学生でも社会人でも広げることは出来るんですよ。それに気づけてないだけ。気づくには、仕事もバイトも好奇心を持って取り組まないといけないんだけどね。

若い時期ってのは、それだけでアドバンテージがあります。いい意味で、守るものが少ないからね。だから感性の赴くまま、人を好きになればいい。

感性の赴くまま人に興味を持ったり好きになったりすると、結果的に同時期に違う人を好きになるかもしれない。道義上の是非は置いとくと、それもアンテナの幅が広がって進化している証だから、仕方ないとも思うんです。今まで見えていた世界に、大好きな恋人がいて、でも自分も進化してるから、今まで見えてなかった世界に眼が向くようになり、そこに新たな人がいた、ってことだからね。

二股は絶対に良くないけど、でも同時に好きになるというのは、そういうメカニズム。だから罪悪感に打ちひしがれる必要はないと思います。どっちかを選ばないといけないのは当たり前だけど、でもどっちにしようか?悩んでる自分も、魅力アップと引き出し拡大のステップなんだという気持ちも持って下さいね。
念の為。この記事は、二股を肯定しているものでは決してありません。あくまで心の内側、自分自身の気持ちの持ちようを書いているので、その旨、ご賢察ください。

-未分類

Copyright© 無料で楽しめる出会い系サイト決定版 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.